スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月11日 ネルソン・マンデラ氏解放

2006年02月11日 00:00

マンデラ氏は南ア、アパルトヘイト政策に挑み続け、
1962年投獄。1990年の今日、解放されました。

 そして、4月16日、
ロンドンのウェンブリー・サッカー・スタジアムで
「釈放記念コンサート」が催されました。
ボニー・レイット、ネヴィル・ブラザーズ、シンプル・マインズ、
ミリアム・マケバ、ピーター・ガブリエル、アニタ・ベーカー、
トレイシー・チャップマンら、
そうそうたる出演者が氏の釈放を祝いました。

招待されたネルソン・マンデラ氏は
「南アの刑務所の厚い壁を通して私たちは聞いた。
私たちの釈放を求めるあなたたちの声を。
人間性に反する黒人差別はいまもいたるところにある。
殺人と抑圧が続いている。毎日、南ア中に孤児を生んでいる」とメッセージ。

音山むやみやたらと感動したのを覚えています。

28年も投獄されてたんですナ。
赤ん坊がおっさんでっせ。

ボッヘラカ~ンと生きていた音山にも
色々と影響ありましたよ。

「ロバート・ワイアット」
シングル・ボックス
ロバート・ワイアット
B00005FZNV

「ピーター・ガブリエル」の「ビコ」で涙し。
HIT
ピーター・ガブリエル
B0000D8RXA


「サン・シティ」に震え。
Sun City
Various Artists
B000002Z7F


  なにせ、ピーター・ガブリエルをはじめ、
  マイルス・デイヴィス、キース・リチャーズ、リンゴ・スター、
  ボブ・ディラン、ブルース・スプリングスティーン、
  ホール&オーツ、ジャクソン・ブラウン、ラン-DMC、U2のボノ、等々、
 大御所が訴えたわけですから。

そして、アフリカ音楽で踊り。

ジャズ喫茶で「ウコシ・シケレリ・アフリカ」(神よアフリカに祝福を)を合唱し。

ハハハ・・・今思えば、きちんと意味が分かっていたのかどうか。

音楽は社会を変えられるのか、永遠のテーマですな。
おすすめは、「アマンドラ」かな?やっぱり。
AMANDLA アマンドラ ! 希望の歌
ドキュメンタリー映画 リー・ハーシュ ネルソン・マンデラ
B0009VEBNW

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://otoyama.blog27.fc2.com/tb.php/13-f196a1e6
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。