スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月27日 エンリコ・カルーソーの誕生日

2006年02月27日 13:31

1873~1921 イタリアのテノール歌手。
オペラのもっとも有名な歌手の1人。

レコーディングにも力を注いでおったようで、
円盤蓄音機の普及にも、貢献したそうな。

全集だの色々と沢山出ていますな。
音山のデジタル耳には、
昔々の音にしかきこえんて。
今一ありがたみに欠けるのだが、
もの凄いものもあって、
カルーソー2000~ザ・デジタル・レコーディング
カルーソー(エンリコ) ウィーン放送交響楽団 ヴェルディ
B00005HKKS

カルーソーの声だけを取り出して、
1999年のウイーン放送交響楽団のオケをミックス。
画期的ですな。ジャケも格好いい。

音山はカルーソーと言えば、
「フィツカラルド」を思い出すのだがどうだろう。
フィツカラルド
クラウス・キンスキー クラウディア・カルディナーレ ヴェルナー・ヘルツォーク
B00005NO7F


アマゾンの奥地にオペラ座を建てて、
カルーソーを呼ぶぞ。
なんち言う、誇大妄想狂の話じゃが。

これが、前振りが多くって
フィッカラルドの役は初めはミック・ジャガーだったとか、
クラウス・キンスキーも降りようとしたが、
監督に銃で脅されたとか。
しかも、蒸気船ほんもんやし・・・。

魔境アマゾンの入り口マナウスから
更に奥地までのロケ。
音山だってイヤじゃ!

制作者にも、鬼気迫るもんが有ったんやね。

それにしても、
そこまでさせるカルーソーって誰やねん!

オペラと言ったら、
ワーグナーしか思いつかんド素人音山が
クラシックなんて聴いてみちゃおかなぁ。
となって、
「パバロッティ、サイコー」なんて、ぬかしてられるのも、
ひとえに、カルーソー様が生出になったからなのですな。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://otoyama.blog27.fc2.com/tb.php/24-8e60fcda
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。