スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹「1Q84」の凄い効果

2009年06月12日 16:40

村上春樹の新作「1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 2」で
主人公が買ったヤナーチェクの「シンフォニエッタ」が売れているらしい。

バルトーク : 管弦楽のための協奏曲 / ヤナーチェク : シンフォニエッタバルトーク : 管弦楽のための協奏曲 / ヤナーチェク : シンフォニエッタ
(2000/08/23)
クリーヴランド管弦楽団

商品詳細を見る


ヤナーチェクと言えばドボルザーク、スメタナに続くチェコの有名な作曲家。
彼女と散歩中に軍楽隊の野外コンサートを聴き
インスピレーションを受けた曲だとか。
精神的な美や歓喜、勇気や決意を表現していると言われている。

セルのとは随分と違うが。こんな曲。

Leoš Janáček, Sinfonietta from the Sinfonietta,I.Fanfae

更に、「1Q84」の題名の元となったとされている
ジョージ・オーウェルの「1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)

作中に出てくる「サハリン島 (上巻) (岩波文庫)サハリン島 (下巻) (岩波文庫)
も増販だそうだ。

過去作の「海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
も売れている。

本屋に行っても今日は売り切れなんてとこが続出しているそうだな。

そう言えばオーウェルの「動物農場 [DVD]」がジブリライブラリーにあったのを思い出した。



こうやってズラズラと並べてみると、なんとなく醸し出す世界観が見えてきますな。
今日は張り切りすぎてしまったな。
まぁこんな日もあらぁな。

★楽天で「1Q84」つながりを見てみる★


芸能音楽の面白話題はこちらでも↓
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://otoyama.blog27.fc2.com/tb.php/68-cfcbe6f5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。