スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシカル・クロスオーバー?

2009年06月15日 13:32

クラシカル・クロスオーバーと言うジャンルが注目されているらしいぞ。

クラシカル・クロスオーバーとはなんぞや。
ぼんやりしていたら話についていけんな。
ちうことでちょっと調べてみたら「あ~ぁら、このことね」だったわい。

クラシック音楽を元にあるいはクラシック畑の歌手なりが、
ポップスや現代風にアレンジされた古曲、歌謡を歌うことのようだ。

千の風になって」の秋川雅史
北京オリンピックの「Wings to Fly~翼をください/虹/明日への鼓動」のカノン
クラシカル・クロスオーバーなのだそうだ。

去年デビューしたザ・ジェイド
今年4月リリース「手紙」は並のオペラの20倍を売っていると言うから凄い。

イル・ディーヴォサラ・ブライトマンも。

だいぶ前だが、「フュージョン・ミュージック」なんちうのもあったな。
ドラゴンボールの悟飯とトランクスではないぞ。

そんな中で今注目なのが「藤澤ノリマサ」らしい。
去年「ダッタン人の踊り」でデビュー。
日本語の歌詞にビックリ!のオペラファンもおるそうな。

「ダッタン人の踊り」


う~~~~ん
これも悪くはない。
ポップス歌手だと思えば歌のうまさは並ではない。
とは思うが・・・。
タ゜ッタン人で愛を語るかぁ・・・・。
まぁ、他聞いてないんでなんとも言えんがな。
ポップス売りで火がついたらしい。

しかし、
「ダッタン人の踊り」
音山はこっちが断然好きだな。



ワハハ、フレディー・マーキュリー張り。
フォーキンバレーは面白い。
おねえちゃんもべっぴんさんやねぇ。
中央アジアしているしエキゾチカなムードも漂っている。
何度見ても、このダッタン人の踊りは最高!
近頃は「ポロヴェツ人のダンス」言うのね。

クラシカル・クロスオーバー、ポップスもクラシックも薄まっちまって
ただ、心地よいだけの音楽にならんよう。
フュージョンでスーパーサイヤ人になっておくれやす。

★楽天でクラシカル・クロスオーバーの新入荷をチェック★



芸能音楽の面白話題はこちらでも↓
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://otoyama.blog27.fc2.com/tb.php/69-7d52f974
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。